ボクは近視なので、普段はコンタクトをしている。
昨年末には新しいメガネを購入したので、
気分にあわせてメガネをかける時もある。

でも、できれば、コンタクトもメガネもしなくていい生活に
戻りたい・・・こう思う人はボクだけではないですよね。

正直、今1番気になるのがレーシック手術だ。
知り合いのアナウンサーも近視を治すために
レーシック手術を病院で受けた。

レーシック】とは近年注目を浴びている視力回復法
【LASIK】の事。日本では2000年に厚生省で認可され、
レーザーを照射して視力を回復させる治療で、
非常に安全で効果的だといわれています。

これほどまでに日本を始め東南アジアや欧米で、
爆発的な治療者数が増えている【レーシック治療】は、
白内障手術をあっと言う間に上回り、
数年のうちには眼科手術のトップを占めるのは確実。

アメリカではすでに100万人以上、
東南アジアでも数万人が【レーシック治療】を受けていて、
日本ではどうしても保険外治療になるために
費用削減と言う事で格安の東南アジアの病院で
レーシック】手術を受けに行く人も多いようです。

でも......

とても衛生条件が悪く危険性も伴うようですね。

 

「レーザーを当てるだけで本当に視力回復出来るのか?」


こう疑問と不安を感じる方も多いのではないでしょうか。
レーシック】は屈折異常の原因の一つになっている角膜に、
レーザーを照射して屈折を矯正し、
屈折異常を根本から治してしまうものです。

治療料金が高額で保険外と言う事もありますが、
治療担当者と設備の信頼実績のある病院をきちんと選択して、
正しく【レーシック】を理解し格安の料金だけに囚われずに、
視力回復を信じて【レーシック治療】を受けてみたいですね。

平均的治療料金は片眼で18万円前後、
両眼で36万円前後のようですが、
各眼科で価格競争も盛んなようなので、
心に止めた上で【レーシック】を
熟考された方が良いかも知れません。


「このレーシック手術、失敗はないのか?」


こっちの方が気になる方も多いでしょう。
ボクの知り合いに限っては、失敗者は一人もいません。
全員、視力が回復しています。

ただ、気になるのが、老眼になった時。
眼科医の友人曰く、レーシック手術後、何十年と経った時の
データがないと言っていました。

これって、もしかしたら、もしかすると・・
という意味ですよね?

それでもレーシック手術をすれば、
プールや海でそのまま泳げるし、
イチイチ、コンタクトを洗わなくてすむし・・・

想像しただけでも
良い事ずくめのような気がしてなりません。


レーシック手術、今年こそ受けてみようか・・