麻生けんたろうの「あがり症」「人見知り」は克服出来る!

ラジオDJ/パーソナルモチベーター『麻生けんたろう』の公式ブログ

▼麻生けんたろうのメルマガ〜「話す力」を磨きたい方はご登録下さい。

カテゴリ: セミナー

ブログネタ
子育て に参加中!

����絽�腴�羂後臼���筝絖���

先日、「あと1僉⊃環未錣洪討隼劼離灰潺絅縫院璽轡腑鷭僉廚搬蠅靴
旭川市立永山南中学校で講演させて頂きました。

石上校長をはじめ、​保護者の皆さんにも
2時間にわたって真剣にお聴きいただき
本当にありがとうございました。

たくさんのお心遣いもうれしかったです。





ご感想もいっぱい頂きました。


「先日は講演会、ありがとうございました。
 とてもわかりやすかったです。
 人にものを伝えるときのH→Hの話は、
 今「さようなら!あがり症」を読ませていただいてますので、
 とても興味深かったです。」(教員)


「麻生けんたろうさんとの出会いで、
 気づかせて頂いたことがたくさんありました。
 子どもの内なる声がいつの時も感じとれる親になれるように、
 素敵な講演会をありがとうございました。」 (40代 女性)


「家庭でも職場でもコミュニケーションの取り方 
 目からウロコが落ちたようです。
 自分中心に考えた自分を改めます。」(40代 女性)


「本日の講演会でパーソナルモチベーターという言葉を聞きました。
 今まで自分の意識で話をしていたと思います。
 潜在意識の話を聞いて、自分が子どもに対する見方、考え方が
 変わった感じがします。また、物事に対する視野が広がり、
 今後のためになったと思います。ありがとうございました。」
 (40代 男性)


「自分自身の今までの姿勢を振り返ってみました。
 やはり自分の価値観を押しつけていることもあるのかなと感じました。
 また「テクニックで人は動かない」という言葉が
 とても印象に残りました。」 (20代 男性)


「私も麻生さんと同じくHBCアナウンスアカデミー卒です…
 大変興味深く聞かせて頂きました。
 いつか、どこかで司会をしている私を見かけて頂けるような
 場面がありましたら、「どこかで見たなあ…?」と思って下さい。
 『子は宝』 今日も明日も…
 たとえ私がおばあさんになっても大切にしたいと思います。」
(40代 女性)






打ち合わせのときもそうでしたが、ボクが廊下を歩くと
すれ違う永山南中学校の生徒さん全員が、
「こんにちは!」と気持ちのよい挨拶をしてくれました。

講演当日もそうです。
卓球の練習中なのに、途中で手を止めて
皆が笑顔を向けてくる。

これって、当たり前だけど、
なかなかできないことじゃないでしょうか。

ボクのほうこそ、いろいろと勉強させてもらいました。

永山南中学校の先生、保護者のお父さん、お母さん、
そして生徒の皆さん、本当にありがとうございました☆

ブログネタ
腰痛 ひざ痛 肩こり 関節痛 に参加中!

ボディケアセラピスト 金子幸子さん

10月8日(土)放送の「FUTURE DREAM〜
キャッチ・ザ・ストーリー〜つかめ!私の道」のゲストは、
ボディケアセラピストの金子幸子さん。

以前は病院で事務をされていたそうですが、
2年前にREIKE&RERAXATION「Harmony」を開業。

レイキやアロマ、タイ古式マッサージを通じて
一人ひとりのからだ・こころ・たましいがもともと備わっている気、
元の氣にもどって”元気”になれるようセッションをされています。


そんな金子さんが、最近頑張っていることは、
ボディメンテナンスレッスン。

なんだか、車の修理や車検をイメージしてしまいますが、
まさに、身体も車と一緒

知らず知らずのうちに崩している体調を
自分自身でケアする方法が”ボディメンテナンス”なんですね。

ベースになっているのは、天城流湯治法という技術で、
肩こりや腰痛の痛み、冷え性などの改善が期待できるとのこと。


番組では実際にボクの左手首を使って
ボディメンテナンスをして頂きましたが、
なんと、左肩に感じていたコリがだいぶ和らぎました。

このように、不調の部分とはまったく違う個所を施術することで
痛みを改善していくのがボディメンテナンスの特徴だそうです。


ぜひ、ご興味のある方は、実際に体験してみてください。


本日10月10日(月)午前の部 9:30分から
             午後の部 13:30分から

旭川市旭町2条8丁目 北星地区センターにて
レッスンが受けられますよ。


10月27日(木)、11月25日(金)、12月16日(金)にも
開催されます。

詳しくはこちらをどうぞ。



きっと、施術だけでなく、
金子さんの笑顔にも癒されると思います(^u^)

いや、ぜひ☆

↑このページのトップヘ