麻生けんたろうの「あがり症」「人見知り」は克服出来る!

ラジオDJ/パーソナルモチベーター『麻生けんたろう』の公式ブログ

▼麻生けんたろうのメルマガ〜「話す力」を磨きたい方はご登録下さい。

タグ:旭川

zatudan
前回好評をいただいたオープン講座(第1回目は4月3日開催)
心の距離を縮める『雑談フリートーク講座 Vol2』を開催致します。

■心の距離を縮める「雑談フリートーク講座」Vol2

■日時 7月10日(日) 
    午前9時30分〜昼12時30分まで(3時間講座)
■場所 旭川市内中心部 (申込者にお知らせ致します) 
■参加費用 お一人3,500円(税込み) 読者割引あり。
      麻生けんたろうの著書9冊の中で、
      どれでも1冊お持ちの読者の方は3,000円!
      ※クレジットカード支払い可

■人数 10名〜20名前後


たとえば、ビジネスでは、


・商談前に場を和ませることができない。

・喫煙室で気の利いた話ができない。


・通勤中などの道すがら、取引先や部署が違う社内の人
 (いわゆる顔見知り)にバッタリ会うと、
 何を話していいのかわからなくなる。


・昼休みに周りから声をかけられても、
 すぐに会話が萎んでしまう。


・上司とエレベーターで一緒になった時も沈黙が続く。
 
・接待が接待にならず。食べてるだけ。



プライベートでも、


・飲み会やパーティーで初対面の人と会話が続かない。


・知っている人とでも話が盛り上がらない。


・異業種交流会で名刺交換をしても
 それだけで終わってしまう。


・子供の遠征、家族ぐるみのお付き合いなどで同乗した人と
 目的地まで雑談ができない。


・買い物中に顔見知りを見かけると、
 つい気づかないふりをしたり、逃げたりしてしまう。



これらのうち、1つでも当てはまる人、

かつ、談の大切さをわかっている、気づいている。
でも、実際はできていないから、

少しでもできるようになって、
仕事でもプライベートでも結果を出したい・・・


そんなあなたであれば、この講座が役立ちます。


落語で言えば「まくら」、メンタリズムでは「オフビート」のように、
会話においても、その後のパフォーマンスを左右する
極めて大切な役割を担っているのが「雑談」でしょう。

雑談は、決して雑に話してよい会話のことではなく、
スムーズに本段への懸け橋となる「That's 段!」なのです。


ボクがこれまでやってきたラジオは、
まさに、その「That's 段!」フリートークの極みの世界!!


14年にわたる2時間編集なしの生放送を通じて掴んだ、
誰とでも、どんな状況でも雑談ができるようになるコツ、
大切なBe(在り方)、そして今も磨き続けている
Do(テクニック)の両方を
お伝えします。


当り前ですが、雑談フリートークに1級、2級なんてものはありません。
なんとか社団法人の認定資格をとって喋っている
ラジオDJなんて一人もいやしない。


でも、できるようになると、相手との心の距離が縮まり、
信頼関係を深く築けるようになる。


そこには確実にスキルが存在するのです。



前回、都合があわず参加できなかった方、
興味のある方は、ぜひ、こちらからお申し込み下さい。

⇒ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=300309
omousikomi



一緒に楽しく学びましょう♪


悪いようにはいたしません(笑)


シェア大歓迎!


7月10日(日)お待ちしています!



        ラジオDJ/パーソナルモチベーター
        麻生けんたろう



hon

麻生けんたろうの勉強会

お待たせいたしました。

ボクが主宰するシークレット勉強会
「雄風会」の参加者を半年振りに、若干名募集致します。

5thシーズン第一回目は5月10日(日)スタート♪

仮申し込みされた方に詳細をご案内致します。


⇒ 雄風会の仮申し込みはこちらから


アナウンス、プレゼン技術はもちろん、
メスメリズム、メンタリズム、コールドリーディング、
シュタイナーという言葉を聴いてピン!と来た方は
得るものが多いでしょう。


特にカウンセラーやセラピストの方、
セミナー講師の方や、それらを現在目指している方、
自分の本を出したいという方には
強力な「武器」と「考え方」をお渡しできます。

仲間の中から出版が決まった人も出てきました。


この春、雄風会の学びで、
仕事もプライベートも
最高のスタートを切りませんか?


半年に1度きりの募集です。


内なる声に、耳を澄ませて・・・・。

メンバーと共に、あなたに直接お会いできるのを
楽しみにしています!

⇒ 雄風会の仮申し込みはこちらから


↑このページのトップヘ